平成26年度税制改正大綱 – 平成26年度税制改正の概要

※東日本大震災への税制上の対応については、こちらを御覧ください . 令和2年度 税制改正の大綱 pdf 税制改正の大綱の概要 pdf 令和2年度税制改正要望 html 令和元年度(平成31年度)

わが国の税制の概要 · PDF · 予算・決算(国のお金の使い道) · 毎年度の税制改正

平成26年度税制改正の大綱(平成25年12月24日閣議決定) 平成26年度税制改正の大綱(平成25年12月24日閣議決定)(概要) 平成26年度税制改正の概要(地方税) 民間投資活性化等のための税制改正の概要(地方税) 平成26年度税制改正要望の状況; 税制改正要望

国から地方への税源移譲 (三位一体の改革) · 平成17年度地方税制改正について · 通知(主なもの)

(参考)平成26年度の税制改正(内国税関係)による増減収見込額 [313kb] 裏表紙 [1,439KB] (注)パンフレットの記載に一部誤りがありました。

[PDF]

平成25年12月12日、「平成26年度税制改正大綱(以下、「12月大綱」)」が与党(自由民主党・ 公明党)により正式決定されました。10月1日に既に決定済みの「民間投資活性化等のための税 制改正大綱(以下、「 10月大綱」)」に続く第2弾の税制改正大綱です。12月大綱には 月大綱に

このコンテンツの内容は、主として平成25年12月12日付の与党の「平成26年度税制改正大綱」及び平成25年12月24日に閣議決定された「平成26年度税制改正の大綱」に基づいています。

毎年度の税制改正 税制をめぐる最近の動き 税制改正の概要

第一 平成29年度税制改正の基本的考え方 安倍内閣はこの4年間、デフレ脱却と経済再生を最重要課題として取り組んできた。有効求人倍率は 25 年ぶりの高水準、失業率は 21 年ぶりの低水準、賃金引上げ率は3年連続で今世紀最高水準(2%水準)となるなど

[PDF]

戦略」(平成 25年6月14日閣議決定)に盛り込まれている民間投資を活性化させ るための税制措置等について、年末における通常の年度改正から切り離して秋に前 倒しで決定した(「民間投資活性化等のための税制改正大綱」(平成25年10月1 日))。

(参考1)平成30年度の税制改正(内国税関係)による増減収見込額 (参考2)平成30年度の税制改正(地方税関係)による増減収見込額 わが国の税制の概要

現在位置 : トップページ > 税制 > 毎年度の税制改正 > 税制改正の概要 > 平成15年度 > 平成15年度税制改正の大綱. tweet.

平成25年10月1日に公表された「民間投資活性化等のための税制改正大綱」に続く第2弾の税制改正大綱として、12月12日に与党により正式決定された「平成26年度税制改正大綱」において、新たに盛り込まれた主要な改正項目について説明します。

平成26年度税制改正における中小企業・ 小規模事業者関係税制の概要を公表しました. 平成25年12月20日. 平成25年12月12日の「平成26年度税制改正大綱」における中小企業・小規模事業者関係税制は、以下の通りです。

[PDF]

平成25年12月12日に与党の「平成26年度税制改正大綱」(以下「与党大綱」といい ます。)が決定しましたが、秋に、前倒しで決定した「民間投資活性化等のための税制改 正大綱(平成25年10月1日)」に引き続き、消費活性化や地域経済活性化のための措置

税制改正解説. 山田&パートナーズでは毎年の税制改正大綱公表に際し、いち早く解説しております。 また、全国で開催した税制改正セミナーのレジュメをもとに、政省令等の最新の情報を織り込んだ解説資料を作成しています。

[PDF]

平成26年度 税制改正大綱について (雇用均等・児童家庭局関係部分抜粋) 平成26年1月 厚生労働省 雇用均等・児童家庭局

Dec 17, 2013 · さて、今回は「平成26年度税制改正大綱での譲渡関係の改正点」です。 12月12日に、自民党より平成26年度(2014年度)の 税制改正大綱が発表されました。 大綱とは案のことで、来年3月の国会で法律になる予定です。

平成26年度厚生労働省関係税制改正について (厚生労働省ホームページ内「報道発表資料」より) 平成26年度厚生労働省税制改正要望について (厚生労働省ホームページ内「報道発表資料」より) 平成26年度厚生労働省税制改正に関する要望の募集について

[PDF]

ところである。法律に従い、平成25年度税制改正においては、所得税及び資産課 税について所要の措置を講ずることとしているが、今後とも、平成21年度税制改 正法附則、税制抜本改革法、さらに三党合意を尊重し、税制の中長期的課題に取り 組んでいく。

平成25年12月12日に平成26年度税制改正大綱が決定しました。 中心的には秋の民間投資活性化等のための税制改正大綱に盛り込まれていた内容が決定したものです。 今日からはその中身について詳しく解説していきます! 給与所得控除の縮減 上記の表により、

第一 平成 28 年度税制改正の基本的考え方 年度税制改正の基本的考え方 安倍内閣はこの3年間、デフレ脱却と経済再生を最重要課題し「大胆な金融 安倍内閣はこの3年間、デフレ脱却と経済再生を最重要課題し「大胆な金融 安倍内閣はこの3年間、デフレ脱却

平成 26 年度税制改正大綱 (年末の大綱)が平成 25 年 12 月 24 日に閣議決定されました。. 通常の年度改正から切り離して前倒しで決定した「民間投資活性化等のための税制改正大綱」(秋の大綱・平成 25 年 10 月 1 日閣議決定)に加え、 復興特別法人税の1年前倒しでの廃止 のほか、民間投資と

[PDF]

内容につきましては、「平成26年度税制改正大綱」(平成25年12月12日与党公表)に基づき、情報の提供を目的として、一般的な概要をまとめたものです。そのため、今後国会に提出

[PDF]

平成26年度税制改正の大綱の概要 (平成25年12月24日 閣議決定) 現下の経済情勢等を踏まえ、デフレ脱却・経済再生に向け、「消費税率及び地方 消費税率の引上げとそれに伴う対応について」(平成25年10月1日閣議決定)に

[PDF]

内容につきましては、「平成26年度税制改正大綱」(平成25年12月12日与党公表)に基づき、情報の提供を目的として、一般的な概要をまとめたものです。そのため、今後国会に提出

[PDF]

1.改正の概要 速速報報 平成平平成成平成26 226626年度年年度度年度税制改正解説 税制改正解説 外国税額控除限度額の算定基礎となる国外源泉所得の変更① 国外源泉所得の定義 従来 改正案 国内源泉所得

公表された「平成26年度税制改正大綱」は、135ページの冊子で、その内容(目次)は、以下の通りです。 第一 平成26年度税制改正の基本的考え方 第二 平成26年度税制改正の具体的内容

[PDF]

の対応を要する税制改正事項の検討を進めてきました。その検討を集約したも のが、以下に示す「平成24 年度税制改正大綱」です。今後、本大綱に基づい て、平成24年度税制改正を速やかに実施に移していく必要があります。

[PDF]

内容につきましては、「平成26年度税制改正大綱」(平成25年12月12日与党公表)に基づき、情報の提供を目的として、一般的な概要をまとめたものです。そのため、今後国会に提出

[PDF]

平成22年度税制改正大綱 ~納税者主権の確立へ向けて~ 平成21年12月22日

[PDF]

内容につきましては、「平成26年度税制改正大綱」(平成25年12月12日与党公表)に基づき、情報の提供を目的として、一般的な概要をまとめたものです。そのため、今後国会に提出

税と経営の専門紙「週刊 税のしるべ」の電子版。平成21年以降の主なニュース記事などが検索・閲覧でき、本紙と同じ体裁でペラペラめくれる電子ブック形式での閲覧も可能。税制改正の内容や国税庁の動きを素早くお届けします。スマートフォンなどにも対応。

[PDF]

平成26年度税制改正大綱における「控除額を主要国並みに漸次適正化する」との方針に基づき、昨年度に引き続き本年度も 給与所得控除の上限の引き下げが行われます。ただし、子育て世帯や介護世帯には負担増が生じないように措置が講じられます。

[PDF]

平成26年1月28日 平成26年度の地方税制改正・地方税務行政の運営に当たっての留意事項等 平成25年12月24日に閣議決定された「平成26年度税制改正の大綱」 等に関連して、現段階における平成26年度地方税制改正・地方税務行政の運

平成27年末までに償還期間を長期間に設定した少人数私募債を駆け込みで発行する節税策は、今回の平成26年度税制改正で封じ込められることとなりました。

ファンドニュース(31) 2013年12月12日、政府与党から「平成26年度税制改正大綱」が公表されました。この中で、ファンドとしてよく利用される投資法人に関する事項で、再生可能エネルギーやインフラ資産について言及されている部分がありますので、今回はこちらをご紹介します。

給与所得控除の現行の水準は、平均すると給与等の収入金額の30%程度を占めており、給与所得者が実際に負担している勤務関連支出と比べても、主要国の概算控除額との比較においても、その割合が高いと指摘されている。 そこで「平成26年度税制改正大綱」では、中長期的に主要国並みの

平成25年12月12日に平成26年度税制改正大綱が公表されました。 税制改正大綱案の内容の主な内容は以下のとおりです。 *平成27年度税制改正大綱の主な内容はこちらからご覧下さい。 平成27年(2015年)度税制改正の概要 . 1. 復興特別法人税の1年前倒し廃止

平成27年度税制改正の大綱[平成27年1月14日] 平成26年度】 平成26年度税制改正の大綱概要[平成25年12月24日] 平成26年度税制改正要望[平成25年8月30日] 【平成25年度】 平成25年度税制改正大綱の概要[平成25年1月29日] 平成25年度税制改正要望[平成24年9月7日]

平成26年12月30日に、「平成27年度税制改正大綱」が公表されました。「平成27年度税制改正大綱」のうち、法人課税、国際課税、消費課税等における主要な改正・見直し事項をご紹介します。

平成28年度税制大綱ではまだ抜け穴がありましたが、今回はかなり厳しい内容となっています。 改正時期 改正大綱の内容が来年の国会を通ることが前提ですが、下記となります。 ①2020年3月末日までに売買契約を締結している場合 従来通り。

速報解説》 支払調書等の本店等一括提出制度の創設 ~平成26年度税制改正大綱~ 公認会計士・税理士 新名 貴則 平成25年12月24日に閣議決定された「平成26年度税制改正大綱」の中で、支払調書等の提出について見直しを行うことが明記された。 ここでは、その内容について解説する。

1.平成26年度税制改正の基本的な考え方現在、わが国の経済は、アベノミクスの「三本の矢」の効果もあり着実に上向いているものの、中小企業や地域経済、国民一人ひとりに景気回復の実感が必ずしも浸透しているとは言えない状況です。また、来年4月に控え

去る12月12日に平成26年度税制改正大綱がとりまとめられました。その中の交際費等の損金不算入制度についてご紹介します。

平成26年度税制改正大綱 ~交際費課税の見直し~ 2014年01月07日 更新. 平成25年12月12日において与党の平成26年度税制改正大綱(以下「大綱」とします)が決定されました。

平成31年税制改正大綱 2018年12月14日に自由民主党と公明党により 平成31年税制改正大綱が発表されました。 当初は2018年12月13日発表だったのものの、 シングルで子育てをする世帯への寡婦控除の 取扱を嫌気した一部自由民主党の議員により、 調整のため発表が1日ずれました。 ここでは、影響

平成27年12月16日、与党より平成28年度与党税制改正大綱が公表された。 大綱によると、成長志向の法人税改革をさらに推進することとされており、法人実効税率の20%台への引下げが実現されるものとされている。具体的には、標準実効税率は平成28年度には29.97%、平成30年度には29.74%となる

[PDF]

2.平成30年度与党税制改正大綱(抜粋) <検討事項> 医療に係る消費税のあり方については、医療保険制度における手当のあり方の検討等とあわせて、医療関係者、保険者等の意見、特に高額な

2013.12.13 税制改正. 速報 平成26年度税制改正解説(大綱) 12月12日に、与党より「平成26年度税制改正大綱」が公表されました。 税理士法人山田&パートナーズでは、この大綱をもとに速報版の解説を作成

~平成26年度税制改正大綱~ 税理士 伊村 政代 . Ⅰ 制度の確認. この制度は、法人が使途秘匿金と認められる支出をした場合には、その支出をした事業年度の通常の法人税額に、その 使途秘匿金の支出額の40%を加算する ものである。

平成26年度税制改正大綱は昨年10月「民間投資活性化等のための税制改正大綱」、12月「平成26年度税制改正大綱」として、2度に分けての公表となりました。 今回は法人実務に影響する主たる改正内容として5項目を解説致します。

平成30年度税制改正大綱 - 小規模宅地特例適用の厳格化 相続税に係る加算税と延滞税 相続税の更正の請求 「配偶者に対する相続税額の軽減」及び「小規模宅地等についての課税価格の計算の特例」の適用

さて、昨年末に発表された 平成31年度税制改正大綱 に仮想通貨について記述がありました。. 法人税の取扱い. 平成30年3月14日に企業会計基準委員会(asbj)から実務対応報告第38号「資金決済法における仮想通貨の会計処理等に関する当面の取扱い」の公表されています。

2014年度 税制改正大綱のポイントまとめ読み. 2013年12月12日に自民、公明両党が発表した2014年度(平成26年度)税制改正大綱。今回は家計への負担増となるものが目につきます。

Amazonでの【速報】平成31年度 税制改正の大綱 (巻末資料:税制改正の大綱の概要) (『税理士新聞』別冊)。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また【速報】平成31年度 税制改正の大綱 (巻末資料:税制改正の大綱の概要) (『税理士新聞』別冊)も

平成26年度の税制改正では大きなものはありませんでしたが、すでに決まっている税制改正の施行には注意しなければなりません。アパート経営や土地活用に関係する税制改正をあらためておさらいします。 ・白色申告記帳義務化ー平成26年1月1日より

去る12月12日平成26年度税制改正大綱がとりまとめられました。 その内容をいくつかをご紹介します。 給与所得控除の縮小 給与所得控除の上限について、次のとおり漸次引き下げる。高所

平成26年度税制改正関連法が3月20日、参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立しました。3月20日の成立は、阪神・淡路大震災の税制上の救済法案の審議の関係もあって異例のスピード成立となった平成7年(3月17日成立)に次ぐ戦後2番目の早さとなります。

当サイトではJavaScriptを使用しております。ご利用のブラウザ環境によっては、機能が一部限定される場合があります。 ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしていただくことにより、より快適にご利用いただけます。 主な

平成28年度税制改正大綱では、①納税者が法定納期限内に申告及び納付(100)、②その後、納税者が申告税額が過大であるとして更正の請求をし、税務署長が減額更正(100⇒40)、③税務署長が当初の申告額に満たない増額更正(40⇒70)をした場合等、一定のケースについて、延滞税を課さない

[PDF]

平成 26年度の与党税制改正大綱(12月12日決定)のうち、地方税の概要は以 下のとおり。 給与所得控除の見直し 与所得控除の上限について、次のとおり引き下げ 給 。 現